金投資/金ETFと純金積立どれがいい?

Just another WordPress site

*

金鉱株投信(金鉱株ファンド)とは

   

金鉱株投信(金鉱株ファンド)とは、南アフリカ共和国・オーストラリア・カナダ・アメリカなどの金の産地で採掘している金鉱企業の株式を主要対象とした投資信託のこと。金鉱株投信(金鉱株ファンド)は投資信託商品ですが、株式投信と同じように証券会社などを通じて売買することができるようになっています。昔から金はインフレヘッジになると言われてきましたが、金への直接投資は保管が大変であることや、金自体を保有していても利子も配当も付かないといった点が難点であるとも言われてきました。そこで金の現物に投資するのではなく、金を採掘している会社の株式に投資する金鉱株投信(金鉱株ファンド)が、金投資の代替手段として注目を集めています。 こうした金鉱株投信(金鉱株ファンド)は金投資の代替手段として注目を集めているものの、じつは金価格以上に値動きが激しく、また短期的にはかならずしも金価格の動きにスライドしない場合があります。このように金鉱株投信(金鉱株ファンド)が金価格と異なった値動きをするのは、金鉱株投信(金鉱株ファンド)が金そのものではなく金を採掘する金鉱山会社の株式に投資しているから。金鉱山会社は自社で金を採掘していますから、将来金価格が値下がりしそうだと予想したときには金の先物を売って収益の安定化を図ることもできます。そのため、金鉱山会社の株価は金価格の変動より大きく変動することがあるのです。 また、金鉱山会社はほとんどが海外の会社になっているため、金鉱株投信(金鉱株ファンド)への投資は外貨で行なうことになります。そのため、金鉱株投信(金鉱株ファンド)は為替変動の影響も大きく受けることを忘れずに投資を行なう必要があります。


 - 金鉱株投信(金鉱株ファンド)