金投資/金ETFと純金積立どれがいい?

Just another WordPress site

*

金ETFのメリット・デメリット

   

金価格の上昇に伴って、最近投資家の間で注目が集まっている金ETF。証券会社に口座があれば、通常の株銘柄のひとつとしてリアルタイムでいつでも取引できるようになるなど、投資家にとって身近な存在になってきているこの金ETFですが、投資である以上リスクが存在しているのも事実です。では金ETFにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。 金ETFのメリットとしてまず挙げられるのは、少ない資金から手軽に始めることができるということ。金の取引となると、通常金地金を購入するためにはある程度まとまった資金が必要になる場合が多いのですが、金ETFの場合は数万円程度という比較的少ない資金から投資を始めることができるようになっています。またコストに関しても、証券会社で株取引を行なう際と同等の手数料が必要になるだけで、金地金を購入したり純金積み立てを行なう際のように保有手数料や月会費などを支払う必要はありません。ほかにも、盗難などのリスク回避や現物との交換が可能、ポートフォリオに組み入れることでリスク分散の効果が期待できる、といったメリットがあります。 また逆にデメリットとして挙げられるのは、しっかりとした予備知識が必要であるということ。金ETFには株式と違って利回りがありません。そのため、自分が勝った時よりも高く売らなければ利益を出すことができません。また、金ETFは投資信託でありながら価格の動きをしっかりとチェックして、自分で売買の判断を下さなければなりません。こうしたことが少し面倒だと思われる方には、自分売買を行なうのはデメリットだと感じられるかもしれません。


 - 金ETFへの投資