金投資/金ETFと純金積立どれがいい?

Just another WordPress site

*

金ETFとは

   

少額で手軽に始められる金投資として、最近注目を集めている金ETF。しかし、「金ETFなんてあまり耳慣れないけど、いったい何?」と思われる方もまだ多いのではないでしょうか。そこでこの金ETFとはどのようなものなのかを、分かりやすくご紹介しましょう。 まずETFとは「Exchage Traded Fund」の略称で、証券取引所に上場した投資信託のことです。金ETFとは金価格連動型上場投資信託と言い、わかりやすく言うと金地金または金価格に投資する上場投資信託のことで、株式に投資する感覚で金を売買することができる商品です。つまり、金価格に連動する社債などの有価証券に投資することで、金ETFの基準価格が金現物価格に連動する仕組みになっているので、実際に金の現物を購入するわけではありません。 現在、日本国内には2種類の金ETFが存在しています。1つは実際に発行額と同等の金を保有しているETFで間接的に金地金に投資するもの、もう1つは金の価格または金価格連動債権に投資するものです。現在は東証・大証ともに金ETFが上場しており、通常の株の銘柄のひとつとして売買できるようになっています。つまり、証券会社に口座を持っていれば、どこの証券会社でもリアルタイムに売買することができるようになっているのです。売買手数料などのシステムについても、国内株式と同等になっています。 1口4,000円程度の少ない資金から投資ができるうえ、金地金や純金積立のように保有手数料もかからない金ETF。金に関する投資をしたいけれど、先物は怖いし金地金を手元に置くのも心配、そんな方にはお勧めの投資法と言えるのではないでしょうか。


 - 金ETFへの投資