金投資/金ETFと純金積立どれがいい?

Just another WordPress site

*

金地金への投資について

   

資産運用の方法として、株式投資や不動産・保険・預貯金などさまざまな投資法が存在していますが、基本的にこの資産運用は性格の違うものに分散投資するのがセオリーだと言われています。そんな中でも今注目を集めているのが、金地金への投資。いかなる状況でも無価値になることのない金地金への投資は、経済情勢の先行きが不透明な状況の中で非常に有効的な手段であるため、投資市場でも金地金の人気が非常に高まっており、それに伴って変動はあるものの金地金の価格も上昇傾向を続けています。 しかし、投資には必ずリスクがつきもの。金地金への投資にもメリット・デメリットが存在しています。まずメリットとして挙げられるのは、長期保有を前提として余裕資金で投資ができる対象であるということ。価格変動があるとはいえ、金地金は株式などのペーパー資産とは異なり無価値になる心配がありませんし、不動産などのように保有しているだけで税金がかかることもありません。ですから、他の投資法に比べるとリスクの低い安定した資産運用方法であるということができます。 とはいえ、価格変動が起こるのは事実。売買のタイミングによっては損失を出す可能性も十分にあります。また、金は国際的にはドル建てで取引をされているものなのですが、日本国内で売買する場合には円建てになるため、国内の金価格は円ドル為替相場の影響を受けることになります。意外に思われるかもしれませんが、金には為替変動リスクがつきものになっているのです。さらに、日本国内であっても金地金の販売はしても買い取りはしないという会社があったり、購入した会社とは別の会社で売却する場合には鑑定料や手数料が発生したりする場合もあるので、こうしたコスト面にも注意が必要です。


 - 金地金への投資