金投資/金ETFと純金積立どれがいい?

Just another WordPress site

*

金地金とは

   

金地金(きんちがね)とは、一般的に「金の延べ棒」や「ゴールドバー」、「インゴットバー」などと呼ばれているものです。ゴールドバーはその名の通り金の棒、インゴットバーは鋳塊(ちゅうかい)金属を製錬後、鋳型に流し込んで固化させた金属の塊を意味します。通常、金を資産として保有する場合には、金地金やゴールドバーの状態で保有するのが一般的となっています。 この金地金はある程度サイズが決まっていて、主に1kg・500g・300g・200g・100g・50g・20g・10g・5gなどが作られ、金地金の小売業者などによって広く市場に流通しています。金地金は長期の保有を前提とした投資商品として非常に人気のあるもの。ここ最近の世界の経済情勢や米ドルの価値の低下などに伴って、価値を失うことのない永久の資産として金が見直され、注目度と市場価格が上昇を続けているのです。 市場で広く流通している金地金には、表面に製造番号、製錬業者のマーク、重量、品位などが刻印されています。この刻印を見れば、信頼できる会社が製錬したものかどうか、また純度の高い金であるかどうかがすぐわかるようになっています。「999.9」(フォーナイン)という表示があれば、その金地金の純度は99.99%であるということを意味していて、現在日本国内で流通している金地金はほとんどがこのフォーナインのものとなっています。 金地金にはロンドン市場公認の「ロンドン・グッド・デリバリー・バー」と呼ばれるものがあるのですが、これは世界中で通用し、間違いなく買い取ってもらうことができます。金地金を購入するときには、この公認ブランドのものであるかどうかを確認するとよいでしょう。日本には経済産業省の外郭団体である社団法人「日本金地金流通協会」というものがあります。こちらの協会の会員となっている会社であれば、安心して金地金を買えると考えてよいでしょう。


 - 金地金への投資